<< 世界初の日本発、帯広より | main | web2.0×資本市場 >>

新メンバー参画!

ブログビジネスファンドは、通常のVCでもPEでもない。
資金提供以外の部分、マネタイズ支援、ビジネス成長のご支援を特徴とするわけだが、その実行力をさらに強化するため、10月2日より新しいメンバーが参画したのでご紹介したい。

蔀(しとみ)謙二        
ビジネス エンハンスメント パートナー

略歴:
2000年 マイクロソフト シニアコンサルタント/シニアテクノロジースペシャリスト
1997年 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア) スペシャリスト(コンサルタント)
1996年 ネットワンシステムズ システムエンジニア(経営企画室情報システム)
1989年 富士ソフト システムエンジニア

2006年 10月より現。投資案件におけるビジネス拡大化へのコンサル的要素をも取り入れた統合的な支援の実施。


以下、直接本人によるエントリー。


私の経歴としては、長年ソフトウェアハウスにてFA(ファクトリーオートメーション)を中心とするよりH/Wに近いところにてプログラマを行っていました。
その延長線上で、「それがどのように使われるのだろう?」「使う人にとってどのように役立っているのだろう?」との想い駆られ、より上流から関与してみたいと考え、業務システムを中心とする様々なシステム作りにシステムエンジニアとして携わり、言わばマイコンの世界からクライアント/サーバーを主体とするシステム構築とも言うべき、初めての世界観の変化を体験しました。

さらに、当時、世間ではEDSなどを筆頭に「Mega Dealとして数千億規模のIT Outsourece?!」などがささやかれ、また、マイケル・ハマーが唱えるBPR(Business  Process Reengineer)が脚光をあびた時代でもあったため、C/S(クライアント/サーバー)のシステム作りから、「究極のBPR?」、「IT+αにて大きく世の中に貢献できるかも?」との、二度目の世界観への変化に気づき、その際、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)が「戦略的アウトソースの日本展開」との話を聴きつけ、早速、門をたたく事になりました。
ここでは、どっぷりとコンサルファームでの熱い(知力・体力・気力)の洗礼を受け、「如何にして結果(成果)を残し、如何にして永続的な発展をクライアント(顧客)にもたらすか?」と言った視点が身についた?時期だとも思います。

さらに、「ITでの可能性を如何にビジネスに反映させていけるのか?」とのちょっとした疑問に想いをはせ・・・、真のビジネス的な課題解決には、実効性のある”ITソリューション”を修得する必要がある?との視点に立ち返り、世界観の変化と言うより、「姿勢を見つめなおす?」と言ったところで、のんびりと思いを巡らせていた際に、今度は、「マイクロソフトにてコンサルタント募集」の話があり、”渡りに船”だと考え、またまた、門を叩き、マイクロソフトワールドにJOINすることができました。

ここでは、ビルGやスティーブBの陰と陽的的ではあるが、異様なパワフルさと不思議な感覚にさらされ、コンサルティングファームとは一味違った感性に浸ったことは確かだとおもいます。

そして、仕事(ビジネス)としての、Webとの本格的な出会いは、マイクロソフトでのコンサルタントの仕事を通じ、ショッピングモール(B2C)の開発やサイプライヤ向けの入札サイト(B2B)などを行った事(Web1.0)にはじまり、転機としては、マーケティング&営業部署への異動をきっかけに、「”レバレッジ”を効かした(マイクロソフトではよく言われるフレーズ?)」ビジネスモデルを模索していた際に・・・、Google(当時コンペ)の時価総額が15兆円(マイクロソフトが30兆円)である事に、改めて”なぜ”なのとの疑問を持ち、広告収益モデルの”破壊力(コマーシャルソフトvsノンコマーシャルソフト?など)」に一人驚いて(驚愕)してしまいました。

ここで、三度目の世界観の変化を思い知り、「失われた十年?」の想いを勝手にもち、Web2.0の探求が始まり、「このWeb2.0の世界で、自分にはいったい何ができるのだろう」的な発想に至り、自分のこれまでの経験や知識を生かせる事はないかな?と思っていたところに、またまた、「GMO Venture Partners」を見つけてしまい、またもや速攻で門を叩かせて頂きました。

Web2.0後発の私ですが、当GMO Venture Partnersにおいては、関与先の方々の熱い想い(Passion)を共有させて頂き、指数関数的な永続的な発展のための基礎固めや成長戦略のお手伝い、さらには、Web2.0(+α)の更なるマーケットの拡張・拡大に向け力を発揮できればと考えており、『ビジネス エンハンスメント パートナー』とのタイトルを拝命しております。

よろしくお願いします。ありがとうございます。

GMO Venture Partners 株式会社
ビジネス エンハンスメント パートナー
蔀(しとみ)謙二

Web2.0 | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0)

        

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

村松竜の最新 twitter post
    follow me on Twitter
    最新の記事
    最新のコメント
    最新のトラックバック
    カテゴリー
    アーカイブ
    リンク
    このサイトについて
    無料ブログ作成サービス JUGEM