<< 寄稿記事:社内起業 私は旗振るのみ | main |

節目となった会社、メルカリ

メルカリはある意味では、日本のネット産業における3番目の転換剤、節目となる会社になったのかもしれない。
ヤフージャパン、楽天、そしてメルカリである。
1社目のYJは言うまでもなく、日本に「インターネットユーザーがいない時代」を「いる時代」に変えた会社であり、
楽天は日本に「ネットショッピングが存在しない時代」を「存在する時代」に変えた会社であるが、
メルカリは、売る人と買う人に二分されていた時代を、万人が売りも買いもするする時代、に変えてしまった会社として、である。

もちろん、これまでもオークションサイトもあれば、簡単なショッピングサイトツールはあった。
しかしやはり一定のプロ意識と努力が必要な行為である事には変わりはなく、コンビニにふらっと立ち寄るとか、ベッドに寝そべったままスマホをいじるような簡単さかと言えばそうではなかっただろう。
日常に溶け込むレベルで簡単に売ったり買ったりするインフラ。
メルカリが変えたのはこの点であろうと思う。

他にも様々なイノベーションを実現した会社が生まれネット業界が発展してきたが、
今までなかったユーザ行動を国民的な規模と範囲で創出した、のはやはり3社目なのかもしれない。

そのような節目の会社は代々1兆円のバーを越えてきた。
世界に行けるかどうかは簡単な話ではないが、日本の悲願として是非声援をおくりたい。


ではそのメルカリ、の駆動力とは何か。

根底にあるものを一つ挙げるならば、創業者の圧倒的な目線の高さと、その継続、だと思う。

その目線の高さはどのくらい高いかと言うと、妥協を許さず果てしなく高い。想像のはるか上を行っている。
多数の起業家と接してきた感覚からしても、普通では考えられない高さなのである。

それがコアな磁石となり、連続起業家や大幹部が集まってくる。
この会社の大きな特徴であり強みは、連続起業家が創業メンバーは無論幹部レベルにまで他にはないレベルで無数に集まっている点でありそのため、経営の執行力が極めて高く、早い。

コンセプト自体は、実は世界で最初でも日本で最初でもなかった。機能面では類似している他社、他プロダクトが存在はしていたが、テーマの設定、見ている距離と時間、高さが違った。
最初からキャズムを飛ばした国民アプリを志向していた。
スマホ普及の波に乗ったとか、最規模CMの成功とか、メルカリの成功要因は多々論じられているが、同じ時期に同様のチャンスがあった会社は他にもある。
ここではこの一点「圧倒的な目線の高さと、その継続」だけ強調しておきたい。


GMO VenturePartnersとしてはローンチ半年後、創業時のラウンドに続く14億円の最初の本格ラウンドとなった2013年の2月のラウンドで出資させて頂いた。
当時、無料サービスで売上がゼロの状態でいつ、いくらの売上利益が創出されるかなど全く想像の世界で投資判断する必要があったのだが、時価総額は当時としても破格だった。
今の相場感覚では数百億円くらいだろうか。売上ゼロでだ。
今思い起こしても大変なラウンドだったと感じる。

 

https://about.mercari.com/press/news/article/100million_downloads/
こちらの発表のとおり今では1億DL突破しているが、

 

投資時のあたりでは2013年12月に100万ダウンロード
http://thebridge.jp/2015/02/mercari-surpass-10m-downloads-in-2years

増資後1年で1000万DLに駆け上がって行った

 

投資時から4年で100万が1億DLになった訳で、DL数だけではなく事業規模もほぼ比例して100倍レベルになった。


この「ご縁」は、結果的に今思うと僥倖としか言いようがないが、これからも諸方面にてお手伝いして参ります。

 

※GMO VenturePartners投資先13社目の上場となります

 

- | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0)

        

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://blogfund.jugem.jp/trackback/190

トラックバック

村松竜の最新 twitter post
    follow me on Twitter
    最新の記事
    最新のコメント
    最新のトラックバック
    カテゴリー
    アーカイブ
    リンク
    このサイトについて
    無料ブログ作成サービス JUGEM