<< その起業家の驚くべきフットワークと、投資を決めた一枚の図 | main | 節目となった会社、メルカリ >>

寄稿記事:社内起業 私は旗振るのみ

日経産業新聞 Smart Times寄稿

https://r.nikkei.com/article/DGXKZO28947990T00C18A4XY0000…

 

GMOペイメントゲートウェイは上場して13年になりました。

 

上場時の唯一の事業だった決済代行事業を基盤にしつつ、今では広告、送金、レンディング、後払い、プラットフォーム事業、スマホ決済事業、グローバル決済等、多様なプロダクトを立ち上げてきました。

中には、主力事業であるH1領域から、その延長上の領域である「H2」領域、そして飛び地である「H3」領域への進出もあり、困難を極めたものもあります。

この寄稿は、5年前に日本ではいち早く発案したスマホ決済の、立ち上げ時の風景。まさにH3です。

結果としてこれが、スマホ決済時代の先駆けとなりました。

 


 

 

特にH3は経営リソースも経営マインドすらゼロから調達する必要があり難しいものがありますが、メンバー一丸となり取り組めてきました。
スタートアップの最初の事業立上げも壮絶に大変ですが、上場後の利益成長とバランスさせながらのこうした新規事業創出も、また別の難しさがありますが、面白さ・熱狂もあります。
 

この「事業会社における実体験」をGMO VenturePartnersの投資先の応援にも活かして行きます。

 

 

- | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0)

        

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://blogfund.jugem.jp/trackback/189

トラックバック

村松竜の最新 twitter post
    follow me on Twitter
    最新の記事
    最新のコメント
    最新のトラックバック
    カテゴリー
    アーカイブ
    リンク
    このサイトについて
    無料ブログ作成サービス JUGEM