<< マネーフォワードが東証マザーズに上場 | main | その起業家の驚くべきフットワークと、投資を決めた一枚の図 >>

BOKUがいよいよロンドンAIM証券取引所に上場

時価総額世界トップ2、AppleとGoogle、この2巨人を「自分の決済サービスの利用加盟店にしたい」。そんな想いは、決済事業者なら誰でも一度は持つはずです。
それを実現してしまった会社。しかも米国本社とグローバルで全世界で使う契約。
さらにはSpotify等の未上場の巨人ともグローバル契約。
在ロンドンの元VISA幹部によって経営され、米国のトップティアVC...Khosla, Benchmark, A16Z, Index, NEA...から軒並み出資を得ている会社。

そんな会社があるのか?と疑うような会社、それが、キャリア決済代行サービスを世界で展開するBOKUです。

 

全世界でApple、Google、Spotify等のコンテンツの巨人の決済を、クレジットカードでもなく、ウォレットでもない、モバイルキャリアという、全世界の共通インフラを使って課金するサービスを展開する、Paymentech, Fintechスタートアップです。

 

そのBOKUがいよいよロンドンAIM証券取引所に上場しました。

 

GMOペイメントゲートウェイと、事実上日本初のフィンテック特化のファンドである、GMO Global Payment Fundから出資しています。

GMO Global Payment Fundは、まだFintechという言葉もなかった2013年の設立以来、「アジアで活躍する決済系Fintechスタートアップ」への投資に特化しすでに13社に投資していますが、
このファンドからの第一号上場となりました。

 

GMOVenturePartnersとしては通算11社目の上場となります。

 

日本以外では上場というExitは非常に珍しいです。大半は他社への売却なのでこれは稀有な事例と言えます。
GMOVenturePartnersの投資としても、日本はもちろん、NYSEに加えてロンドンと、世界3極での上場実績になりました。日本以外の市場への上場は制度も全く異なるためわからない事も多く、投資家としての苦労も多いですが、
実績を積む事で今後の投資先のExitシナリオの多様化、企業価値の創造・最大化に貢献していきます。
https://www.boku.com/

 

- | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0)

        

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://blogfund.jugem.jp/trackback/187

トラックバック

村松竜の最新 twitter post
    follow me on Twitter
    最新の記事
    最新のコメント
    最新のトラックバック
    カテゴリー
    アーカイブ
    リンク
    このサイトについて
    無料ブログ作成サービス JUGEM