<< 日本からだって、テクノロジーベンチャーは出る。〜アドテク・スタートアップKauliが大型ファイナンス〜 | main | スマホでの新購買プロセスモデル >>

PinterestとFancy:キュレーションサイトの今後

(CXOインターンプログラム生、Kのエントリーです。)


最近、日本でも話題になってきている画像に特化したSNSPinterestの新たなライバルとして、今注目されはじめているのがFancyである。Pinterstで自分のピンボードにお気に入りの画像や動画を集めることができるように、Fancyでも気に入ったものや興味があるものだけを集めたオリジナルのカタログをウェブ上で作ることができる。


  


双方とも画像メインのキュレーションサイトであることは共通しているが、FancyEコマースに力を入れており、誰でもサイト上に商品を投稿することができ、外部の購入サイトにとぶことなく、直接販売や購入をすることができるという点でPinterestと異なる。現在、購入可能なアイテムは15万点にのぼるという。


ユーザー層からもこの違いをみてとることができる。Pinterestはユーザーの80%を女性が占めているのに対して、Fancyはユーザーの60%が男性である。これは、Pinterestではレシピや引用、装飾的な写真などをボードに上げ、自己表現を楽しむ女性が多い 一方、Fancyでは、購入につながる洋服やアクセサリーなどの商品をアップするなど、実用的な使い方をする男性が多いためだ。

もちろん、2008年よりサービスを開始し、現在ではユーザー数が1000万人を超えるPinterestにはまだ遠く及ばないが、Fancyは昨年からスタートし25万ユーザーを集め、毎日10万人から20万人のユニーク・ビジターが訪れるまでに成長している。

最近ではTwitterSquareの創業者であるJack DorseyFacebookの創業者のひとりであるChris Hughesを役員に迎えており、今後が大いに期待されるサービスである。


そこで、実際に2つのサービスを利用し、比較してみた。

確かにFancyでは男性ユーザーが目立つ。なるほど、彼らはアイデア商品や実用的ものにFancy it(FacebookのLikeボタンのようなもの)している。直接販売、購入できるアイテムもいくらか見かける。しかしまだサービス開始から間もないせいか、あるいは日本でまだまだ普及していないせいか、SNSというより個人で楽しむ傾向が強く、毎日開いてチェックしなければならない動機は見つからな い。暇な時間にたまに開いてみる程度だろう。


一 方、Pinterestははじめに大きなネックがある。サイトが招待制であるため、簡単に登録できないのだ。日本ではそこまで普及していないため、招待してくれるユーザーを探すのにも一苦労する。ところが一度登録してしまうと、夢中になってしまうほど使いやすい。画像やアイテムが充実しており、メイン画面 の一覧ではたくさんの画像とともに他人のコメントまで見ることができる。しかし、FancyがFancy itすると自動的にカテゴリーごとにリストが作られるのに対し、Pinterestでは気に入った画像を手動でリスト分けしなればならない点に使いづらさを感じた。




今のところ、使いやすさの面ではPinterestに軍配があがるが、SNSを超えてマーケットとしてのプラットフォームを目指すFancyにも、十分挽回の可能性を感じた。

ソーシャルサービス | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0)

        

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://blogfund.jugem.jp/trackback/173

トラックバック

村松竜の最新 twitter post
    follow me on Twitter
    最新の記事
    最新のコメント
    最新のトラックバック
    カテゴリー
    アーカイブ
    リンク
    このサイトについて
    無料ブログ作成サービス JUGEM