<< なぜ日本にgoogleやAmazonがないかって? | main | 「アプリやろうぜ!」 >>

新しく出て行くものが無謀をやらなくて一体何が変わるだろうか

10年前の1214日、29歳で起業した。
討ち入りの日だった。

このままでは日本はどうなる。
米国で前職の
VCを辞し、日本に帰国しての起業だった。


振り返れば、無謀じゃなかったと言えば嘘になるかもしれない。
以来、激動の毎日に一喜一憂し、幾多の困難に七転八倒しながら、そして時には当たり前の厳しい現実に打ちのめそうになりながら、

それでも決して諦めずにやってこられたのは、
経験もない、向こう見ずの、想いだけの駆け出しの起業家を、
様々な形で温かく時には厳しく支援頂いた投資家、
コンセプトや製品・サービスへの想いに共感頂き採用下さったお客様、
資金もないのに開発や経営を支援頂いた方々、
人生を賭して参集してくれた創業期の仲間達が、いたからこそだった。
あらためて深く感謝したい。


後半の
5年は上場会社の経営と、新たなるベンチャー企業への投資と支援という新たな役割で過ごした。


景色は全く変化したが、変わらないのは、昨日の常識を今日の非常識とし、昨日の非常識を今日の常識とする。現状を、日本を何とかしたいという強い渇き。石に閉じ込められた女神を救い出したいというロダンの衝動。


「Think Different」
「新しく出て行くものが無謀をやらなくて一体何が変わるだろうか」

日本はこれから未曾有の変化を経験する。

次の10年もまた激動だろう。

世界もまた様々に変化するが、なすべきは単に利益を追及することにあらず。変わらない普遍なるものを追及していきたい。

- | 01:06 | comments(3) | trackbacks(0)

        

コメント

次の10年はもっと面白い、貰った!

UmiSola | 2009/12/19 11:57 AM

少し話しがズレてるかもしれませんが、

景気や会社からのプレッシャーが強いし、ミスをすると
怒られるし、守りに入っている人も少なくないです。
でも、そうして成功した人や会社を私は今まで見たこと
ありません。

周囲を気にしておどおどしたり、ミスを恐れて腰の引けた
仕事をする姿は絶対アカンです。周囲もそんな会社に魅力
を感じないと思います。自分の責任でリスクを冒すこと!
これこそが今、自分にも周りにも求めるたいことです。

マウリン | 2009/12/15 8:18 PM

「変わらない普遍なるもの」は以下のような感じでしょうかね。

・人は必ず死ぬ
・自分の人生は自分しか生きられない
・人生は1回限りである
・この悠久の宇宙において自分という存在はたった1人しかいない

↓そこから

[仏教の教えの真髄]
■上求菩提 下化衆生(じょうぐぼだい げげしゅじょう)

上求菩提・・・自己の人間性を向上させること
下化衆生・・・少しでも人のために尽くすこと

今のところの私がそうかなあと思っていることです。

今回は匿名でお願いします | 2009/12/15 1:54 AM

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://blogfund.jugem.jp/trackback/162

トラックバック

村松竜の最新 twitter post
    follow me on Twitter
    最新の記事
    最新のコメント
    最新のトラックバック
    カテゴリー
    アーカイブ
    リンク
    このサイトについて
    無料ブログ作成サービス JUGEM