<< アーリーステージ投資をさらに2件、提携案件も多数進行中 | main | マネタイズはどんどん簡単になってきている。マネタイズツールがごろごろ >>

名刺を再定義する:利益に直結するインターネットサービス

本日リリースされたが、三三への出資が完了したことをうけ、リリースにも下記のとおりエンドースさせて頂いた。

GMO VentureParnters株式会社
(ブログビジネスファンド投資事業有限責任組合) ジェネラルパートナー 村松 竜様

『企業内に放置されている「非効率な業務」は膨大です。インターネットテクノロジーにより解決が待たれている諸問題は数知れません。世界中で爆発的に成長しているSFA(Sales Force Automation)ですが、現場社員への浸透が最大の障壁となっており、これが多くの企業の導入や導入後の生産性向上から遠ざける要因となっています。翻って見ると、オープンなインターネット世界で起きる様々な革新的な技術は、数年遅れで企業内コンピューティングの世界に入ってきています。三三様の提供する「Link Knowledge」はFacebook的ノンストレスな情報融合の設計により企業内にソーシャルな顧客情報管理のプラットフォームを実現します。当社はもちろんGMOインターネットグループ数社に導入したところ、生産性が劇的に改善され、効率的な業務の実現となりました。今後もグループ各社と連携し各種の協業を進めていきます。今後も三三様のテクノロジーやサービス発想が日本のビジネスに大きく貢献することを期待しています。』


実際、このサービスはすごい。30人の営業部隊で使ってみるとそのすごさがわかる。
実際売上が上がる。

2008年4月の下記エントリー。
下記の典型がまさに今回の投資となった。
 
インターネットで実現出来ることは、まだまだ本当に少ない。10年後にはほとんどのことができるはずなのに、だ。

以下のサービス・ソリューションを持つベンチャーを探しています。

中堅、中小企業、SOHOを対象とし、
社長には「わかりやすく儲かる」、
現場には「簡単で便利な」、
「売上がすぐに増える」か、「コストが劇的に下がる」か、
「生産性が目に見えて上がる」サービスです。
効果がわかりにくいのはダメです。
「いろんなことができる」のもダメです。

料金体系は、毎月課金型のサービス(「ストックビジネス」)です。

さらに従量制でお客様の商売に連動して対価が頂けるサービス(「トランザクションビジネス」)なら最高です。

社歴は問いません、5年以内に経常利益が5億円程度を目指せるポテンシャルがあり、
上場を通過点として事業を継続的に伸ばすことに執念を燃やす
ことが出来る方です。そのような方を探しています。

GMOVenturePartnersはマイノリティ出資しつつ提携事業推進に取り組み、ネットがまだまだやれていない未開拓な領域の開拓をお手伝いしていきたいと思っています。

経営 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0)

        

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://blogfund.jugem.jp/trackback/151

トラックバック

村松竜の最新 twitter post
    follow me on Twitter
    最新の記事
    最新のコメント
    最新のトラックバック
    カテゴリー
    アーカイブ
    リンク
    このサイトについて
    無料ブログ作成サービス JUGEM