<< SecondLifeが開く新しい扉 1 | main | IT潮流1周年・出版記念イベントのまとめと補足 >>

SecondLifeが開く新しい扉 2

補足
優勝企画である「土地不要!今すぐはじめられるSecond Lifeビジネス『紙芝居屋さん』 KGB(kamishibai group bureau)がお手伝いします!」 の箱田さんのブログをご紹介
ネットとメディアのききかじり 散在する情報のカケラをひろい集めるブログ
「Second Life ビジネス・デザインコンテスト」で優勝しました!

箱田さんは、宇宙観光アドバイザー 兼 民間商業宇宙飛行士「ミッション・コマンダー」。かなりユニークだ。


例えばこの作品、「Amazon in Second Life」。
Amazon APIとSecond Lifeのマッシュアップなのだが、この見せ方そのものが面白い。



「Second Life内でアマゾンAPIを用いて全商品を表示・検索できるシステムです。複数のアソシエイトタグを切り替える機能によって、全てのユーザが無料でコピー・再配布をするだけで利益を上げることができます。」

応募動機は?
「私はSLは今年になって初めて知り、メタバースの経験も全くありませんでしたが、外部WEBサーバと通信できるプログラムを自分で作ることができ、それをビジネスにつなげられるというSLの自由度の高さに強い魅力を感じました。まずは私なりの提案を実際の形にしたいと思い、今回の作品を制作しました。」

受賞作品について
「本日は誠にありがとうございます。今回の作品のようなSLとWEBサービスとの連携は、双方の強みを活かした、全く新しいサービスを生み出すカギだと考えています。今後も引き続きこのテーマで、さらに魅力的で収益の上がるビジネスモデルを実現させて参ります!」

応募者名:久川 真吾 様(SLNAME : Shingo Hian) 

アバターが日本人受けしないとか、日本人は数千人しかいないとか、そんな事を言っていると、本質を見失う。

Second Life“不”人気、7つの理由
この記事は秀逸だ。
なぜ不人気なのか、の理由を解説しているが、最後まで読んで、警鐘記事なんだと気づく。
7つの課題、と読み替えれば、それをクリアすればよい、という事だ。
Second Lifeがクリアできなければ、別のメタバースが現れるだろう。
それがソニーなのであれば、それはそれで面白い。アップルでも、ミクシィでも任天堂でもよい。

「SecondLifeが日本で成功するか否か」を問うているのではない。
「この新しいUI、概念を使って、何が出来るか」それを試したい。

セカンドライフ | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0)

        

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://blogfund.jugem.jp/trackback/100

トラックバック

村松竜の最新 twitter post
    follow me on Twitter
    最新の記事
    最新のコメント
    最新のトラックバック
    カテゴリー
    アーカイブ
    リンク
    このサイトについて
    無料ブログ作成サービス JUGEM